衆議院選挙の結果を受けて

10月31日投開票の衆議院総選挙が終わった。

この選挙が政権選択選挙と位置付けられたのであれば、国民の信任は自民・公明与党へ託されたと言って良いだろうが、何か釈然としない結果と受け止めている。自民と立憲が失った議席を維新がまるまる持っていった根拠は何だったのか?・・・ここを探ることが今回の総括につながるのではないかと考えています。

では、維新がなぜ躍進できたのか?・・・私なりの考えを整理してみたいと思う。

躍進の要因を簡潔にまとめるならば、「改革」と「リアリティー」だったと考える。

維新の松井党首は選挙以前から何かにつけ「改革」というメッセージを発信し続けてきた。その上に吉村知事のコロナ対策や施策が「改革」と言葉とリンクして有権者へ「リアリティー」を与えていったのではないかと考える。反対に自民党の岸田総裁は「富の分配」と言いながら、所属議員のお金にまつわる不祥事続き、有権者からのNOにつながったのでなないかと考える。甘利幹事長や石原会長などの、大物議員と言われる人たちの結果がそれを裏付けているだろう。



有権者にとって国政とは、いつの世でも遠い存在なのかもしれない。片や、市長選挙や市議会議員選挙は身近に感じるのではないだろうか。自治体レベルの選挙の候補者は「どこどこの誰さん」と言った具合に、有権者にとって身近にその「人」を感じられるものである。維新は地域政党という利点をキチンと理解して、大阪エリアの自治体レベルからの積み上げにおいて強固な基盤を築き上げてきた。更に大阪府知事、大阪市長が維新の中心を担っていること自体が大きな象徴になって府民へ認識されているのだろう。